【美容家監修】妊娠線(肉割れ)予防クリームをオススメする理由

妊娠して徐々にお腹が大きくなる時というのは、愛しい我が子が順調にすくすくと育っている喜びを感じる時。

しかし、その一方でお腹の皮膚は少しずつ伸びていっています。しっかりとケアしなければ、妊娠線(肉割れ)ができてしまうことがあります。一度できてしまった妊娠線(肉割れ)は容易に消すことができません。そのためできないように予防することが大切です。

そこで、今回は妊娠線(肉割れ)ができるプロセスについてお話ししながら、予防クリームの必要性についてお話ししたいと思います。


遠藤幸子(えんどうさちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員


妊娠線(肉割れ)ができるプロセス

妊娠線が出来るのは
赤ちゃんが成長してるから

 

妊娠線(肉割れ)はどのようにしてできるのでしょうか。その原因は、赤ちゃんの成長に伴い急激にお腹の皮膚が伸びることにあります。

妊娠線(肉割れ)というのは、皮膚の断裂。急激に伸ばされた皮膚がやがて耐え切れなくなって生じます。そのようなプロセスなので、肉割れは急激な体重の増加によって妊娠しなくても生じることがあります。

急激な体重増加といえば、妊娠してから短期間に10キロ以上体重が増加する人もいます。そのような場合も妊娠線(肉割れ)ができやすくなります。

この他、妊娠線(肉割れ)ができやすいのは、多胎妊娠の場合です。この場合は高確率で妊娠線(肉割れ)ができやすくなってしまいます。

妊娠線(肉割れ)は予防できるの?

出来ることから
しっかりケアする

 

妊娠線(肉割れ)は、予防することができるのでしょうか。

結論からいうと、完全に予防するのは難しいといえます。さらに多胎妊娠の場合はどうしても急激に、そして、通常の妊娠と比較してかなり皮膚が伸びることになるので、妊娠線(肉割れ)ができるリスクが高くなるからです。

また、皮膚の伸縮性や子宮の大きさなど体質には個人差があります。このあたりも妊娠線(肉割れ)を予防できるかどうかということに密接な関わりがあるようです。

それでも、何もしないのと、しっかりとケアするのとでは結果が変わることがあります。そのため諦めずに効果的なケアを行うことが大切です。

妊娠線(肉割れ)を予防するための方法とは?

おぎなうケアと
体重管理でケア

 

妊娠線(肉割れ)を予防する方法としては、どのような方法があるでしょうか。以下、具体的にお話ししていきましょう。

妊娠線(肉割れ)予防クリームを使う

妊娠線(肉割れ)を予防するためには、妊娠線(肉割れ)予防クリームを使うという方法があります。

お風呂上がりなどにマッサージしたりして塗るだけなのでとても簡単です。そのため毎日続けやすいというメリットがある反面、コストがかかるというデメリットがあります。

体重管理をしっかりと行う

妊娠線(肉割れ)を予防するためには、体重管理をしっかりと行い、急激な体重増加を防ぐことも有効な方法です。

どのようなやり方をするかにもよりますが、食べる量を控えたり、適度な運動を行うというような方法であればお金もかかりません。

しかし、根気が必要であるため挫折しやすいのと、妊娠中に過度なダイエットを行うのは避けるべきなので、どの程度管理すべきか難しいという側面があります。また、多胎妊娠の場合は、体重管理が難しい傾向にあります。

いずれの場合も無理は禁物です。できれば、専門的な知識を持つ人の指導を受けつつ、緩やかに体重を増やしていく努力をすることが大切です。

妊娠線(肉割れ)予防クリームをオススメする理由

あくまで予防だけど
やっておくべきケア

 

妊娠線(肉割れ)を予防する方法として、最も簡単で続けやすいのは、妊娠線(肉割れ)予防クリームを使う方法です。使う商品を厳選すれば、トラブルのリスクを低くすることも難しくはありません。

以下、妊娠線(肉割れ)予防クリームをオススメする理由を詳しくお話ししていきましょう。

保湿クリームとどう違うの?

妊娠線(肉割れ)予防クリームではなく、ボディ用などの保湿クリームで代用することはできないのでしょうか。

もし、それが可能であれば、手持ちのアイテムで代用できて便利、かつ経済的ですよね。しかし、残念ながら妊娠線(肉割れ)予防クリームとボディ用などの保湿クリームとでは使用目的が異なるため、配合成分も当然異なります。


ボディ用などの保湿クリームは、その商品によっては美白や痩身といった効果がプラスされることもありますが、基本的には保湿成分が主成分となっています。

一方、妊娠線(肉割れ)予防クリームにも保湿力はありますが、妊娠線(肉割れ)を予防する効果がある成分が配合されています。ここが大きな違いです。

そのため保湿クリームで代用するのは難しいでしょう。配合成分については、次の章で詳しくお話しします。

予防クリームを使用して期待できる効果とは?

妊娠線(肉割れ)予防クリームに期待する効果としては、当然のことながら妊娠線(肉割れ)を予防する効果があげられます。

では、実際のところ、どの程度妊娠線(肉割れ)を予防する効果が期待できるのでしょうか。体重管理と合わせて行うことで妊娠線(肉割れ)ができるのを予防できる可能性があります。

妊娠線(肉割れ)予防クリームを選ぶ上でのポイント

肌に優しい
無添加なもの

 

注目すべき成分って?

妊娠線(肉割れ)予防クリームを選ぶ際は、配合されている成分に注目する必要があります。

肌の柔軟性や肌のハリ・弾力を高めるような成分、皮膚を修復する作用を持つ成分などが配合された商品を選ぶのがおすすめです。シラノール誘導体、葉酸などがそれにあたります。

敏感な時期だからこそこだわりたい!肌への優しさ

妊娠中はそうでない時期と比較しても皮膚や頭皮などが敏感になっています。そのためこの時期使用する化粧品等はもちろん、ケアの方法も肌に優しく、負担をかけないものを心がける必要があります。

妊娠線(肉割れ)予防クリームを選ぶ際は、無添加のものやできるだけ刺激となる恐れがある化学物質などを含んでいないものを選びましょう。

使いたいシーンを想定して形状をセレクトする

妊娠線(肉割れ)予防クリームを選ぶ際は、使うシーンを想定して商品を選ぶことも大切です。

例えば、入浴直後のまだ肌が少し湿った状態で使いたいならオイルが便利ですし、入浴後に身支度を済ませてから使いたいならクリームやミルクがおすすめです。

やっぱり生の声が1番!口コミを参考にする

妊娠線(肉割れ)予防クリームを使ってみて感じる効果は人それぞれです。しかしながら、実際にその商品を使用してみた一般ユーザーの生の声というのは参考になります。

そのため気になる商品があれば、口コミサイトなどを利用して生の声をチェックしてみるのがおすすめです。また、その際はできるだけ多くの口コミをチェックし、他のユーザーから内容が評価れているような口コミを参考にすることも大切です。

妊娠線(肉割れ)予防クリームの効果的な使い方

人肌に温めて
優しい力加減

 

妊娠線(肉割れ)予防クリームを効果的に使うには、まず手のひらで温めてから使うのがおすすめです。温めると肌に浸透しやすくなるからです。

この他、マッサージしながら塗るのも効果的です。マッサージしながら妊娠線(肉割れ)予防クリームを塗ると、皮膚の柔軟性を高める効果が期待できます。そうすると、妊娠線(肉割れ)ができにくくなります。


ただし、妊娠初期の不安定な時期にマッサージを行うのはおすすめできません。また、力加減にも注意が必要です。必ず優しい力加減で行いましょう。マッサージするのに最適な時期は、やはり安定期(妊娠5〜7ヶ月)です。

この他の期間については自分の体調と相談の上、無理のない範囲で行うことが大切です。また、たとえ安定期であってもお腹の張りなどが気になった場合には直ちに中止しましょう。

まとめ

今回は、妊娠線(肉割れ)を予防する方法として妊娠線(肉割れ)予防クリームをオススメする理由についてお話ししました。

妊娠線(肉割れ)予防クリームを使用したからといって、必ずしも妊娠線(肉割れ)を予防できるものではありません。しかしながら、体重管理と合わせて行うことで妊娠線(肉割れ)を防ぐ効果が期待できます。

ただし、商品選びは慎重に行う必要があります。肌に優しく、かつ、妊娠線(肉割れ)を防ぐのに効果的な成分が配合されている商品を使うことが大切です。

また、マッサージを行いながら妊娠線(肉割れ)予防クリームを使用するのが効果的ですが、基本的には安定期に行い、違和感を少しでも感じたら、直ちに中止しましょう。


遠藤幸子(えんどうさちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


 

カテゴリー










スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ