酵素ドリンクでファスティング!効果的な方法【食育指導士監修】

ファスティングという言葉は聞いたことがありますか?

一般的に「断食」といわれ、その目的は身体や精神のリセットなど様々です。最近ではダイエットのために行う人も多いですが、医療目的やヘルスケア、デトックス、精神安定のために行っている人もいます。

今回はそんなファスティングを酵素ドリンクでより効果的に実績を出すやり方をお伝えします。



吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター



ファスティングって何?

内臓を休息させると
いろんなメリットがある

ファスティングのメリット

短期間で行うファスティングは普段フル活用している疲れた内臓を一時的に休息させ、消化活動を最低限に抑えることができるため、身体に様々なメリットを生じさせます。 例えば、不要な毒素の排出

もともと身体に必要のない毒素を抜くことは、身体の不調改善であったり、整腸作用、肌質の改善、美容効果などが見込めます。

免疫力、抗体力などにも効果があり、基本的な自然治癒力の回復も見込めるため、風邪をひきにくくなったり、病気をしにくくなったという効果も感じることができるでしょう。 代謝機能も今まで以上に機能するようになり、代謝活動をフルに活かすこともできるため、身体をしっかりリセットしたい方という方におすすめです。


ファスティングするタイミング

ファスティングを行うのであれば時期をきちんと見定めてダイエット効果が得られやすいよう環境を整えることが必要です。 一番おすすめのタイミングとしては生理後


生理中というのは水分や栄養を身体が溜めようとするため、どうしても代謝が下がるといわれています。しかし生理後は身体を元に戻そうとするため痩せやすくなります。また、気温が高い時期よりも低い時期の方がおすすめです。

寒い時期は体温を維持しようとするため、基礎代謝があがりやすいからです。


酵素摂取が必要な理由

ファスティングを行うにあたり、おすすめしたいのが酵素の摂取です。 酵素を摂取することで、年齢と共に減少する体内酵素を補うことができ、基礎代謝のUPや血行促進が促せます。

また、体温があがることで免疫力の向上や冷え性改善、整腸作用によるデトックス効果、美肌効果まで見込めます。効率よくダイエットを行い、脂肪を燃焼させたい方、健康を維持し美容に繋げたい方には特におすすめといえるでしょう。

ちなみに酵素は野菜や果物、発酵食品などから摂取できますが、ファスティング中であれば手軽に酵素ドリンクで補うと続けやすいでしょう。


酵素ドリンク選びの条件とやり方とは?

完全無添加を選んで
失敗しない3つのステップ

添加物は一切使用していない

酵素ドリンクを選ぶ際、味、値段だけでなく、商品の安全性や品質の良さも重要な判断基準ポイントです。そのため添加物を一切使用していない無添加商品を選ぶといいでしょう。

そもそも添加物とは保存状態をキープさせたり栄養を付属させたり、味を改良させるために使われている食品製造の際に添加する物質のこと。

野菜や果物から作られる酵素は独特の匂いや発酵の香りが強いものも多いため、飲みやすくする為に添加物が加えられていることもあります。 しかしながら、添加物は微量でも体内に蓄積させないのが理想。

無添加の商品を選んで安心・安全にファスティングしていきましょう。


国産植物のみで製造

たとえ無添加な商品でも原材料はが無農薬かどうかは分かりません。 どのような野菜、果物をどこで生産して、どのように発酵や熟成を行っているのか、きちんと確認する必要があります。

酵素ドリンクの原材料や製造方法は各メーカーによって様々ですが、ホームページなどを確認すればそのこだわりについて記載されているものを多く存在します。

国産かつできれば無農薬の野菜や果物を使った酵素ドリンクを選んで健康的にファスティングを行いましょう。

【PR】九州産野菜+完全無添加にこだわった本物の酵素ドリンク

色々なダイエット方法がありますが、最近では「健康的なダイエット」を目指している人が多いですよね!確かにきちんと・・・


代替食にもこだわる

ファスティングを行う前後には体を慣らしていく「準備期」や普段の食事へと身体を戻していく「復食期」が必要です。


通常通り食事を摂取していきなりのファスティングに入ってしまうと、身体がついていけなかったり、終わった後かえってリバウンドしてしまうといったことも考えられます。

そのため、準備期や復食期はファスティング期と同じかそれ以上に重要な期間ともいえます。この期間に摂取する代替食もこだわって身体をつくっていきましょう。 具体的には次の3ステップでお伝えします。


効果的なファスティング3つのステップ

リバウンドを避けるには
自分のペースで楽しむ

準備期

ファスティングする前は身体をファスティングに向けて整えるとても大事な時期です。

1週間から3日間程度はかけて身体をつくっていけるといいでしょう。この時期、口にするものはできる限りカロリーが控えめで低脂質なものがおすすめです。

揚げ物やお菓子類など、脂質や糖質が高いものは控えましょう。 また食事量はいつもより少量に抑えるようにし、ファスティング期に空腹感を感じにくくなるよう調整していきましょう。


ファスティング期

いよいよファスティング期。 無理せずまずは1日~3日間程度で行ってください。

ファスティング中は身体の中にある消化機能を休息させることが重要です。 固形物の摂取は控え、酵素ドリンクなどを飲んで過ごしましょう。


また、酵素の活動を高めるためにも水分をしっかりと摂取することも重要です。理想は2リットル。一気に飲むのではなく、こまめに水分補給するようにしてください。

ファスティング中は一時的に便秘や下痢になったり、身体が冷えることもあります。 あたたかい恰好をし、きちんと休息、睡眠をとるようにし、ストレスを溜めないよう自分のペースで楽しみながら行っていきましょう。


復食期

実はファスティング期よりも重要といわれているのが復食期。 胃も小さく、腸もきれいになっている状態なので無理をせず、少量をゆっくりよく噛んで摂るようにしましょう。


食べやすく砕かれている重湯やおかゆから始め、食物繊維が豊富な海藻やきのこ類、発酵食品などを摂り入れていき、徐々に通常食へと戻していきます。間違っても胃に負担のかかってしまう脂っこいものや高カロリー食から始めないよう気をつけてください。

復食期の進め方によっては今までの努力が水の泡になってしまうどころか、かえってリバウンドすることも考えられます。 ファスティングを成功に導くためにも、その後の維持まで考えた復食期の食事内容で、胃腸に負担のない摂取の仕方をしていきましょう。

【こちらの記事も読まれています】

人気の酵素ドリンクで酵素ダイエットに挑戦しました!その結果は?

無理なくキレイにダイエットできると話題ですが一体にどうなのでしょうか?実際に酵素ダイエットに挑戦してみました!


まとめ

ファスティングのメリットやタイミング、実際の行い方についてお伝えしてきましたいかがでしたか?

ダイエットのため、美容のため、健康のため、精神のため、ファスティングをする理由は人それぞれでしょう。 しかし、24時間365日消化機能をフル活動させることの多い現代人にとって一時的にリセットすることは美容や健康にいい影響を及ぼします。

暴飲暴食や夜遅い食事、糖質、脂質の高い食事ばかりしていると感じたら、時々無理のない程度でファスティングを行ってみてはいかがですか?

身体の調子を整えるだけでなく、お肌がきれいになったり、お通じが良くなったり、体質が変化したりなど、たくさんのプラス効果を与えてくれるはずです。



吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター


■関連記事

体験レビュー
全61件中 1〜 5件を表示
監修記事
全42件中 1〜 5件を表示

カテゴリー

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士