ムーニーとパンパースを比 較! 大きさや値段、特徴の違 いは?

赤ちゃんが産まれたその日から育児に欠かせないのがオムツ。

オムツが合ってないとかぶれや漏れの原因になってしまうので、我が子に合うものをきちんと選んであげたいですよね。

特に最近の紙オムツは種類が豊富で特徴も様々なので、オムツ選びに悩んでいるお母さんも多いかと思います。
今回はその中でもムーニーとパンパースを比較してみたいと思います。


【関連記事】メリーズキャンペーンにはポイント必要?今はこの3つ!2018年まとめ

【関連記事】ムーニーポイントたまらない?2倍の賢い貯め方で景品交換!【得ワザ】

スポンサードリンク

ムーニーのオムツの特徴

まずはムーニーのオムツについて。

ムーニーといえばプーさんの絵柄がプリントされていてとても可愛いですよね。CMでも大きく宣伝されている
ように、お尻にまーるくフィットや背中漏れ防止のうんちポケットなどは知っているお母さんも多いかと思います。

またエアフィットという名前の通り足周りやお腹周りはしめつけないのにきちんとフィットされていて、すきま漏れを防いでくれる構造になっています。

とても優れたフィット感なので、赤ちゃんが動き回ってもオムツがずれにくいです。

ただしめつけがない分ゆったりとした作りになっているので、細身の赤ちゃんだと漏れてしまうこともあるようです。オムツ自体の手触りは他のブランドのオムツよりダントツで柔らかく、履かせやすさも抜群!

その素材の柔らかさから敏感肌ベビーのお母さんたちからも多く支持されています。外側はキルティング形状でふんわり、内側にはエアシルキー素材が採用されていておしっこを素早く吸収した後でも手触りはさらさらしています。

赤ちゃんのオムツかぶれ防止のためにも通気性は大事ですよね。

ただふんわりしている分厚みもあるので、持ち運びの際には少しかさばるかもしれません。またムーニーにはナチュラルムーニーというさらに品質の良い上位版があります。

こちらのオムツにはオーガニックコットンが配合されていてとにかく肌に優しい作りになっていますので、新生児の赤ちゃんやかぶれやすい赤ちゃんに特におすすめです。

ちなみにムーニーの新生児用オムツはおへその部分がアーチ状にカットされているので、まだへその緒がとれていなかったり、おへそ部分を乾燥させておきたい新生児期にはとても使いやすいオムツだと思います。

スポンサードリンク

パンパースのオムツの特徴

次にパンパースのオムツの特徴について。

パンパースのオムツにはしまじろうの絵柄がプリントされていて好きなお子さんも多いと思います。絵柄自体はおしっこライン周辺には配置されていないの辺には配置されていないので、ラインがとても見やすくなっています。

またパンパースといえば産院使用率No1というのが有名ですよね。実際私が出産した産院でもパンパースのオムツが使われていました。オムツ自体の手触りは他のブランドに比べると少しガサガサしていて固く感じます。

その分柔らかめのオムツよりサイドについている立体ギャザーがきちんと立つので、横漏れ防止効果が高いと思います。また、たたんだ状態はとてもコンパクトになっていて持ち運ぶのにかさばりません。

さらにパンパースのオムツが優れているのはその吸水性。

パッケージにも最長12時間吸収と書いてあるように、おしっこをぐんぐん吸収してくれます。たくさん吸収した後でもパンパースのオムツには「さらさらシート」が2枚採用されているので、通気性もバッチリ。オムツかぶれを防いでくれます。

その通気性の高さは赤ちゃんが快適すぎておしっこをしても気持ち悪いと感じず、おしっこをしたことを教えてくれなくて困るほどだそうです。また、オムツの素材には素肌と同じ「弱酸性シート」が使用されていて、おしっこをした後でも内部を弱酸性に保ってくれるので敏感肌の赤ちゃんでも安心して使えますね。

オムツのサイズ感は他のブランドよりもやや小さめのようです。その分2倍伸びる「のびのびストレッチ」の伸縮性と絶妙なカーブ設計により体にフィットするように作られています。

ただ足周りのギャザーは伸びがいいのにお腹周りは伸びが悪くお腹にフィットしにくいので、背中漏れが起こることもあります。

他のブランドのオムツでは少し大きいという細身の赤ちゃんや、女の子赤ちゃんにはちょうどいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コストやポイント制度について

オムツを選ぶ際に気になるのがオムツの特徴はもちろんのこと、毎日大量に使うものなのでそれぞれのコストも気になってきますよね。

同じSサイズのテープタイプで現在のAm,zonでの価格を比べてみると、ムーニー1枚あたり15円、パンパース1枚あたり15円と同じ価格になっています。

もちろんセールをしていたり、お店によってはどちらかのブランドだけ値下げされていたりするので、一概にどちらのほうが格段に安いとは言えないですね。

ただムーニーとパンパースのオムツにはどちらもポイント制度があります。

ムーニーのポイントについて

ムーニーのオムツのパッケージには内側に番号の書いたシールが貼られていて、その番号をサイトで登録するとベビータウンポイントが貯まる仕組みになっています。

ベビータウンポイントでもらえる景品には育児グッズや子供のおもちゃはもちろん、Am,zonのギフト券や図書券などの商品券も取り揃えてあるので、特に欲しい景品がない場合でも選びやすいですよね。

ベビータウンポイントはオムツの購入だけでなく、ベルメゾンでのお買い物やママ同士の質問サイトでもポイントを貯めることができるので、これらを上手く使えばより効率よくポイントが貯まりますよ。

パンパースのポイントについて

一方パンパースのオムツにはすくすくギフトポイントプログラムがあります。

こちらもムーニー同様にオムツのパッケージ内のシールに書かれているコードを入力するか、QRコードを読み取るとポイントが貯まる仕組みになっています。

またこちらのアプリには新規登録特典や貯めたポイント数によって+アルファのボーナスポイントなどがあるのでお得度が高いかもしれません。すくすくポイントでもらえる景品は育児グッズやおもちゃよりも、オンラインショップで使えるクーポンや施設で使える入場券などが多いように感じました。

オムツの特徴にこだわりがなく、オムツ選びに悩んだ場合は、こういったポイントプログラムの景品などを参考にオムツを選んでみてもいいかもしれませんね。

まとめ

今回はムーニーとパンパースのオムツについて比べてみました。

どちらのオムツにも優れた特徴があり、赤ちゃんの体格や肌質によっても合うオムツが違うのでどっちがいいオムツか決めることはできませんが、それぞれの特徴をよく理解した上で我が子に合うオムツをきちんと選んであげたいですね。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士