妊婦がコーヒーを飲むのはダメ?妊娠中は1日何杯?控える理由とは?

妊娠中 コーヒー


妊娠前、仕事や家事の合間にコーヒーでほっと一息、という経験は多くの人にあるのではないでしょうか。

冬はホットで夏はアイスで、と一年中楽しめるコーヒー。

妊娠中でも変わらず飲んでいいのでしょうか?こちらでは妊娠中のコーヒーとの付き合い方をご紹介します。


【関連記事】妊婦が飲めるお茶はコレ!妊娠中に安心なノンカフェインはどれ?

【関連記事】妊娠中の酵素ドリンク5選(完レポ)正しい選び方【食育指導士監修】

スポンサードリンク

コーヒーに含まれるカフェイン。妊娠中は影響する?

 妊娠中 コーヒー


まず、結論から言えば妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫です。

ただし気を付けたいのはその量

コーヒーにはカフェインが含まれており、眠気を覚ませたり集中力を高めたりする効果で知られていますが、妊娠中はこのカフェインを多く摂り過ぎないことが大切です。

なぜなら妊娠中のカフェインの多量摂取は身体に以下のような影響を及ぼすからです。

【関連記事】妊娠中に青汁は大丈夫?妊婦さんへの影響や摂取できる栄養素

胎盤を通過して胎児に直接影響

カフェインは胎盤を通じて胎児に送られます。

当然ながら胎児は臓器が未発達なため十分に排出できません。そのため蓄積されやすく胎児の身体に大きな負担がかかってしまい、低体重や発育未発達を招く等の研究結果が多く発表されています。

せっかく摂ったカルシウムを排出!

妊娠中は胎児の骨や歯をつくるためにより多くのカルシウムが必要です。

不足すると母体のカルシウムが溶け出して運ばれるため、産後の骨密度低下等を招くとされています。カフェインにはこのカルシウムの吸収を妨げ、尿と一緒に排出してしまう働きがあるのです。

鉄分の吸収を妨げて貧血に…

妊娠中、カルシウムと同様に積極的に摂りたい栄養素に鉄分が挙げられます。

妊娠前には貧血を起こしづらかった人でも、妊娠すると胎児に優先的に鉄分が送られるために貧血を起こしてしまうことがよくあります。カフェインにはこの鉄分の吸収も妨げる働きがあり、せっかく意識して摂っても尿と一緒に排出されてしまうことがあります。

なお、カフェイン以外にもコーヒーにはタンニンというポリフェノールの一種が含まれており、こちらも鉄分の吸収を妨げる成分として知られています。

【関連記事】ルイボスティー妊娠中おすすめ3選(完レポ)効果や飲み過ぎ注意点は?

スポンサードリンク

意外な食べ物にもカフェインが含まれる!

チョコレート


カフェインを含む飲み物といえばコーヒーや紅茶、緑茶などのお茶類が思い浮かびますが、それだけでなく意外なものにもカフェインは含まれています。

チョコレートやココア

コーヒーの原料であるカカオ豆。

チョコレートやココアもその原料は同じカカオ豆なので、カフェインが含まれています。その含有量はわずかなので過度に気にする必要はありませんが、気づかずにコーヒー等のカフェインの多いものと併せてたくさん食べてしまった、などといったことのないように気を付けましょう。

特に、カカオ濃度の高いチョコレートには普通のチョコレートよりも多くのカフェインが含まれているとされています。

【関連記事】妊娠中アイスはOK?妊婦が食べるときの注意点やアイスの選び方!

風邪薬や解熱鎮痛剤

医師や薬剤師とよく相談する必要がありますが、妊娠中でも服用できる薬はあります。

但しそれらの薬の中にもカフェインが含まれていることがあるのです。妊娠中は免疫力が低下するため気を付けていても風邪をひいてしまうこともあるでしょう。薬を服用する際はこうした点も頭に入れておきたいものです。

コーラ

コーラ


炭酸飲料として思い浮かぶものの一つであるコーラ。

妊娠中、特につわりの酷いときに炭酸が欲しくなったり、食の好みが変わってコーラがやけに飲みたくなる!といったこともあるかもしれません。ですが、コーラにもカフェインが含まれています。

その含有量はコーヒーの約半分程度ですが多量摂取は避けるべきでしょう。

【関連記事】妊婦がピザを食べるときの注意点!妊娠中にそのチーズや食材は大丈夫?

エナジードリンク

ブランドにもよりますが、エナジードリンクには多量のカフェインが含まれています。

ものによってはコーヒーよりも多い場合があります。名前だけ聞くと、妊娠中の栄養補給にと飲んでしまいそうですが、カフェインだけでなく様々な添加物や人工甘味料を含むものが多いので飲まないのが無難でしょう。

スポンサードリンク

妊娠中でもコーヒーやお茶が飲みたい!場合

妊娠中 コーヒー


WHO(世界保健機関)は妊娠中、一日当たり300mg以上のカフェインを摂ると「摂り過ぎ」になるとしています。

コーヒー一杯あたりには約60~100mg程度のカフェインが含まれているので、一日に2杯程度なら飲んでも問題ないといえるでしょう。但し、コーヒーの種類や抽出方法などによってカフェインの量は異なり、またカフェインへの耐性も個人差があるので、あくまでも目安と考え、飲みすぎには注意しましょう。

デカフェという手があった!

最近よく「デカフェ」という言葉を耳にしませんか?

デカフェとはDe Caffeinatedの略でカフェインを除去することを意味します。最近ではカフェインを控えることが健康にも良いとして妊娠中や授乳中の女性のみならず、多くの人に注目されるようになっています。

そのため多くのコーヒーチェーン店やコンビニでもデカフェのコーヒーが置いてある場合が多いので、コーヒーを飲む際はこちらを選ぶのもよいでしょう。


また、コーヒーならず紅茶にもデカフェはあります。

紅茶の国、イギリスでは多くのメーカーがデカフェの紅茶を販売しており、スーパーなどで気軽に買うことができます。日本ではまだまだ見かけることは少ないかもしれませんが、コーヒーショップやコンビニで買える紅茶にも置いてある場合があるので、聞いてみるといいでしょう。

なお、デカフェといってもカフェインが完全にゼロになっているわけではなく、微量は含まれている場合がほとんどです。

【関連記事】妊婦が飲めるお茶はコレ!妊娠中に安心なノンカフェインはどれ?

スポンサードリンク

まとめ


妊娠中もコーヒーを飲んでも大丈夫ですが、カフェインの影響を考えるとなるべく飲みすぎないようにする必要があります。

コーヒーに限らず、今は店頭やインターネットで様々な種類のお茶が簡単に手に入るので、カフェインを含まない自分好みのお茶を探してみるのもいいですね。

カテゴリー

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士