妊娠中アイスはOK?妊婦が食べるときの注意点やアイスの選び方!

妊娠中アイス


ひんやりと舌の上で甘くとろけるアイスクリーム

暑い夏はもちろんのこと、食欲のない時や体調がすぐれない時でもアイスクリームなら食べられるという経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

いつもより体温の高い妊娠中、冷たいものが食べたくなることや、またつわりの酷い時でもアイスなら食べられそう、といった場合もあるでしょう。

ここでは妊婦さんがアイスクリームの選び方や食べる時のポイントをご紹介します。


【関連記事】妊娠中の太りすぎ!妊婦さん注目の酵素ドリンクで体重制限とは?

【関連記事】妊娠中ダイエットの食事メニューの注意点とレシピまとめ

スポンサードリンク

妊婦さんが避けるアイスクリームがある?

 妊娠中アイス


妊娠中、基本的にはどんなアイスクリームでも食べてOKです。

ただし、できるだけ避けたほうがよいものがあります。


市販のアイスクリームのパッケージをよく見てみると、「アイスクリーム」と書いてあったり「ラクトアイス」と書いてあったりします。

実は、私たちが普段「アイス」と言っていますがいろんな種類があることをご存知ですか?

まずはアイスクリームの種類についてご紹介してきますね。

アイスにはいろんな種類がある

アイスクリームには4つの種類に分類されますがその基準が乳成分をどれだけ含むかの違いで、下記のように分類されます。

  • アイスクリーム…乳固形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上
  • アイスミルク…乳固形分10%以上、うち乳脂肪分3%以上
  • ラクトアイス…乳固形分3%以上
  • 氷菓…上記以外のもの。乳固形分はほとんどない。
     
種類別 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム 15%以上 8%以上
アイスミルク 10%以上 3%以上
ラクトアイス 3%以上 ---
氷菓 --- ---

 

一般的には乳固形分と乳脂肪分が多いものほどミルクが濃い贅沢な味わいになっています。そうなるともちろん価格も高いよね。代表的なのがハーゲンダッツですよね。濃厚な味わいは一度、食べると止められません。

そしてこの中で妊娠中になるべく避けたいもの、それは「ラクトアイス」です。

 

ラクトアイス

ラクトアイス


ラクトアイスは一見すると乳成分の量が少ないのでカロリーが低く、良さそうにも見えるのですが、その乳成分の少なさを補うために添加物や植物油脂が含まれているのです。
 

特に植物油脂の中にはマーガリンなどに含まれることで避けられる傾向にあるトランス脂肪酸を含んでいる場合があります。このトランス脂肪酸は食品から摂る必要がないと考えられており、摂り過ぎた場合の健康へ悪影響が注目されています。
 

そして、一般的にラクトアイスはアイスクリームよりも低価格で一個あたりの容量も多くなっています。

そのためついつい手に取りやすいのですが、妊娠中はできることなら避け、大量摂取はしないように気を付けたほうが良いですね。
 

少し豆知識になりますが
「板チョコモナカ」「板チョコジャンボ」に違いをご存知ですか?


実は同じような板チョコのアイスですがアイスの種類が異なります。

  • 板チョコモナカはラクトアイス
  • 板チョコジャンボはアイスミルク

そしてメーカーも違うんですよ。

  • 板チョコモナカは森永乳業
  • 板チョコジャンボは森永製菓

もし板チョコアイスが好きな人は確認してみてくださいね。

妊娠中は高価格で少量の「アイスクリーム」を敢えて選び、ゆっくり味わって食べるのが食べ過ぎ防止にもつながって良いかもしれません。

【関連記事】妊婦がピザを食べるときの注意点!妊娠中にそのチーズや食材は大丈夫?

スポンサードリンク

アイスは栄養面で意外と優秀

妊娠中アイス


アイスは単に冷たくて甘いお菓子というわけではなく実は栄養面でも優秀なんです。

アイスの原料は牛乳です。

牛乳は完全栄養食品と呼ばれることもあるように、とても栄養バランスに優れた食品です。つまり牛乳により成分の近い「アイスクリーム(乳固形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上のもの)」を食べることで、その栄養素を摂ることができるのです。

カリシウムが豊富

まずアイスクリームには牛乳同様にカルシウムを豊富に含んでいます。

カルシウムは体内でつくることができず、食品から摂るしかありません。もともと日本人はカルシウムが不足しがちと言われており積極的に摂ることが推奨されています。

妊娠中は赤ちゃんの歯や骨を形成するためにカルシウムが使われるため、母体のカルシウムが不足しがちです。妊娠中のカルシウム不足は産後の骨粗鬆症につながるなど、後になって悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。

アイスクリームに含まれるカルシウムは、100gあたりの量ではいわしの丸干しや切り干し大根などよりも少ないのですが、注目すべきは吸収率の高さです。
 

アイスクリームの体内への吸収率は約40%と、小魚の約33%や野菜の約19%と比べると高いものとなっています。アイスクリームを100g食べることで一日に必要なカルシウム15%を摂ることができるといわれています。


なお、カルシウムには耐用上限量が決まっており、過剰摂取は尿路結石の原因となったりほかのミネラルの吸収を阻害したりと弊害を起こす可能性があります。ただし、食事からの摂取ではほとんど上限量を超えることはないとされているので、サプリメント等から大量に摂るのでない限り、過剰に心配する必要はないでしょう。

タンパク質やビタミンB

そのほかにアイスクリームには良質なタンパク質のほか、糖質の代謝を促してエネルギーを作り出すビタミンB群が含まれています。

更に乳脂肪は脂質の中でも消化吸収に優れているのです。

なお、介護の現場でアイスクリームがよく提供されることからもその栄養価の高さは証明されていると言えるでしょう。様々な栄養素を含みながらも冷たくて美味しいアイスクリームは食の細くなった高齢者の栄養源として重宝されているようです。

妊娠中、つわりが酷く何も食べられないような時でもアイスクリームでカロリーと栄養を摂ることができると知っていれば、栄養不足の心配も少し和らげることができるのではないでしょうか。

【関連記事】妊娠中はパンが食べたい!妊婦のパン選びや食べ方の注意点

スポンサードリンク

でもやっぱり食べ過ぎには注意!

妊娠中アイス


栄養価が高く、のどごしの良さから体調がすぐれない時でも食べやすいアイスですが、やっぱり食べ過ぎには注意が必要です。

何事にもバランスが大切なのでしっかり確認しておいてくださいね。

カロリー過多

まずひとつめに食べ過ぎによるカロリー過多が肥満を招く可能性があります。

妊婦さんが一日に必要な摂取カロリーが約2,500Kcalとされているのに対し、アイスは一個あたり約300Kcal程度あるものが多くあります。食べやすいから、といくつも食べているとカロリーを摂り過ぎることになるでしょう。

身体を冷やしてしまう

またアイスの食べ過ぎは身体を冷やしてしまうかもしれません。

妊娠中は身体を冷やさないようにと、特に年配の女性等から言われたことはないでしょうか。

ただでさえむくんだり腰痛が出たり、マイナートラブルの多い妊娠中、身体が冷えることでそうした症状が悪化すると言われています。妊娠初期の場合はつわりを酷くさせることもあるそうです。酷い冷えの場合は流産や早産の原因となる可能性もあるので注意すべきでしょう。

糖分の摂り過ぎ

妊娠中アイス
 

アイスには様々な種類があり、どれだけの糖分が含まれているかは一言で言いきれないのですが、その冷たいくちどけのために甘さを通常よりも感じにくい、と言われています。

妊娠中に糖分を摂り過ぎると、太りすぎによる難産を招くだけでなく、妊娠糖尿病につながる恐れがあります。

特に妊娠中はホルモン変化のために血糖を分解するインスリンの働きが弱ってしまいがちで、妊娠前は正常な血糖値だった方でも妊娠中に高血糖となってしまう場合があるのです。

実際に筆者の周りでも、特に太っているわけでもない妊婦さんが妊娠糖尿病の可能性があるために数日間入院しなければならなくなったというようなことが何件かありました。

スポンサードリンク

まとめ


アイスは妊娠中の気分転換や食欲がない時の栄養補給にぴったりです。

ですがその選びかたや食べ過ぎには十分注意しましょう。アイスと一緒にフルーツを食べて食べ過ぎを抑制したり、暖かいお茶を飲んで身体を温めたりするのもいいでしょう。

また卵と牛乳を用意して自分で作ってみるのも糖分を調整できるのでおすすめです。いろいろ工夫して適量を美味しく、楽しんで食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士