妊娠中のレバー摂取量は?妊婦さんでも食べやすい料理方法

毎日、忙しいママたちの「知りたい!」を手軽にわかりやすくお届けするママたち応援団です^^

妊娠中は色々と体調面の変化やトラブルを起こしやすいもの。

その中でも多い症状が貧血ですよね。

女性はもともと貧血を起こしやすい傾向にありますが、血液量の増える妊娠中はよりそのリスクが高まります。筆者もそれまでは何の問題もなかったものの、妊娠後期になって急に貧血と診断され薬を処方されました。貧血に効くといえばレバーを思い浮かべる方も多いことでしょう。

しかし、妊娠中にレバーを食べ過ぎるのは危険です。

今回の記事はあくまでママたち応援団ができる限り詳しくまとめた内容になりますが断定はできません。専門的な知識や内容は通われている産婦人科にご確認くださいね。
スポンサーリンク

妊娠中にレバーはNG!大量摂取は避けて!

妊娠中にレバーはNG

 

貧血にはレバー!というイメージが多くの女性にはあるのではないでしょうか。

確かにレバーには吸収率の良い鉄分が多く含まれているだけでなく妊娠中に積極的に摂りたい葉酸も含んでいて、とても滋養に富んでいます。

しかし、妊娠中にレバーを食べ過ぎるのは危険なので注意が必要です。

 

なぜなら鶏や豚、牛などのレバー、つまり動物の肝には多くのビタミンAが含まれており、それは動物性のビタミンA、レチノールという成分だからです。このレチノールはうなぎや穴子にも多く含まれるので食べる時は摂取量を注意してくださいね。

【関連記事】妊婦が鰻や穴子を食べていい摂取量は?妊娠中に食べる時の注意点
 

レチノールは脂溶性のため、過剰摂取すると体内に蓄積されるという特徴があります。そのため、妊娠中に過剰摂取してしまうと胎児の先天性異常を引き起こす恐れがあると言われています。

 

妊娠初期は器官形成期という、胎児の心臓や手足、耳や鼻など主要な器官が形成される時期にあたるので特に注意が必要です。なお、海外では妊娠三か月前から妊娠初期3か月に多量摂取した場合、胎児の奇形が増加したという調査結果もあり、妊娠時に関わらず妊娠を希望する女性であれば気を付けておきたい成分の一つでもあります。

 

ビタミンAのとり過ぎについて、アメリカである疫学調査の結果が報告されました。これは、妊娠前3ヶ月から妊娠初期3ヶ月までにビタミンA補給剤を1日10,000μgレチノール当量以上継続して摂取した女性から生まれた赤ちゃんに、奇形が現れる率が高いというもの。これを受けて日本でも、厚生労働省から妊娠初期や妊娠を望む女性のビタミンAの過剰摂取への注意がされています。

引用元:selfdoctor.net

緑黄色野菜や赤身肉を食べよう

緑黄色野菜

とはいえ、ビタミンAを摂り過ぎないのも問題です。

ビタミンAは視力や細胞の成長に欠かせない栄養素であり、不足すると夜盲症といって夜に目が見えづらくなる病気を引き起こしたり、胎児にも単眼症などの奇形を引き起こすリスクが高まると言われています。

またビタミンAは免疫機能の発達を促す役割もあるため、不足すると感染症にかかるリスクも上がるようです。

ビタミンAが含まれる食材

ビタミンAは動物性のレチノールのほかに、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンを摂取することでも補えます。

βカロテンは体内でビタミンAに変換されるのですが、こちらは水溶性のため不要な分は排出されます。ビタミンAはにんじんやほうれん草などの緑黄色野菜で摂るように意識するのが良いでしょう。

なお、ほうれん草や小松菜などは鉄分も多く含む緑黄色野菜としても有名です。

貧血対策に鉄分を摂るならばこうした野菜から、もしくは牛肉の赤身などにも豊富に含まれているのでこうした食材を取り入れるといいでしょう。

レバーをたくさん食べちゃった、どうしよう?!

妊婦がレバーを食べてしまった

 

妊娠中だけど既にレバーを食べてしまった…という方もいるのではないでしょうか。

レチノールの多量摂取には気を付ける必要があるとはいえ、レバーを連日のように食べなければ大丈夫と言われています。もし気になるようでしたら通われている産婦人科にご相談ください。

食材に含まれるビタミンA量

食材に含まれるビタミンA量を考える際には体内でどれだけ作用するかを換算したレチノール活性当量を用います。

妊娠中のレチノール活性当量の摂取目安は年代別に多少の差異はあるものの大まかに分けて妊娠初期~中期で約650 ~700μgRAE 、妊娠後期がこれにプラス80 μgRAE した数字とされています(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)

 

一方でレバー可食部100gあたりのレチノール活性当量は鶏レバーが14,000 μgRAE、牛レバーは1,100 μgRAE、豚レバーは13,000 μgRAEとなっています。

いずれも生の場合の数値なので加熱した場合はこの通りではありませんが、100gで大幅に摂取目安を超える数字となっているので、妊娠初期は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

妊娠中でもレバーを食べたい!どんな調理法がいい?

上記でお伝えした通り、レバーを連日食べることは妊娠中は避けたほうが良いでしょう。

それでもやっぱりレバーが食べたい!と思った場合、少量ずつを食べる方法がオススメです。今回は妊娠中でも食べやすい料理方法を下記にご紹介していきます。

レバーパテ

レバーパテ

 

パテとは鶏や牛のレバーをバターやにんにくなどと一緒にペースト状にしたものです。野菜にディップしたりパンに塗って食べたり、自分で量を調整して食べられる点がおすすめです。

クックパッドには「レバー パテ」のレシピが100品以上も公開されていました。もし作ってみようかなと思われているなら参考にしてくださいね。

パスタやラザニアのソースに隠し味として

隠し味

 

レバーはその独特の風味から、パスタソースやラザニアのソースに少しだけ加えることで深みのある味わいになります。お店で食べる際にはどれだけの量のレバーが含まれているか確認しづらいので、できれば自分で料理してみるのが安心でしょう。

生のレバーは食べない!

生のレバーは食べない!

 

ちなみに、日本では2012年にレバ刺し、つまり牛のレバーを生食が規制されています。

妊娠中に食べる機会はあまりないかもしれませんが、生のレバーはトキソプラズマ菌による食中毒を引き起こす可能性があるとされています。抵抗力の下がっている妊娠中はなおさら避けるようにしましょう。

まとめ


筆者は妊娠後期に貧血と診断されたことから、レバニラをたまに食べていました。

特に何の問題もなく出産したものの、妊娠中はレバーの摂り過ぎに気を付ける必要があると後で知りました。健康上特に問題がなければ食事について過度に気にする必要はないものの、正しい知識を少し持つことがバランスのよい食生活につながることでしょう。

カテゴリー

ショッピング

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士