妊婦が飲めるお茶はコレ!妊娠中に安心なノンカフェインはどれ?

妊娠中 お茶


妊娠中、どんなものを飲んでいますか?

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運ぶために血流を増やしたり汗をかきやすくなったりするために水分が失われやすく、水分補給はとても大切です。

また、妊娠するとむくみや便秘など色々なマイナートラブルを抱えることが多いもの。そんな時に薬に頼らず症状を和らげられたらいいですよね。

こちらでは妊娠中に安心して飲めるおすすめのお茶をご紹介します。

今回の記事はあくまでママたち応援団ができる限り詳しくまとめた内容になりますが断定はできません。専門的な知識や内容は通われている産婦人科にご確認くださいね。
スポンサーリンク

子供から大人まで飲める穀物由来のお茶

 妊娠中 お茶

 

麦茶

麦茶の原料である大麦は様々なミネラルを含んでおり、中でもカリウムには体内の余計な水分を排出するはたらきがあるため、むくみに悩む妊婦さんにおすすめです。

また大麦は食物繊維を豊富に含むことで知られています。特に水溶性と不溶性の食物繊維、両方をバランス良く含んでいるので、妊娠中の便秘予防にも効果が期待できます。

ほうじ茶

ほうじ茶の特徴はその香り。

その正体はピラジンという香りの成分にあり、精神を安定させてリラックスさせる効果があります。また、血流を良くして身体を温めるので妊娠中にはぴったりのお茶といえます。

但し、ほうじ茶は煎茶や番茶などを強火で炒ってつくられる、いわば緑茶の一種であるためノンカフェインではありません。とはいえかなりの高温で炒るためにそのカフェインはほとんど昇華してしまっており、寝る前に飲んでも大丈夫と言われているほどです。

気になる方は飲みすぎないように気をつけましょう。

そば茶

そば茶にはルチンというポリフェノールの一種が含まれています。

このルチンには血流を良くする効果があり、生活習慣病を予防すると言われています。妊娠中は体質が変化しやすく、通常時と比べて妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などにかかりやすいのですが、そば茶に含まれるルチンはこうした症状の予防につながると考えられます。

なお、“そば”というとアレルギーを心配される方もいるかもしれません。

ですが妊娠中の母親の食事は子供のアレルギー疾患の発症には関係がないとされています。妊婦自身がアレルギーでない限り、そば茶を飲んでも問題ないでしょう。

スポンサーリンク

ハーブティーには要注意。種類によっては妊婦NG!

妊娠中 ハーブティー


ノンカフェインのお茶といえばハーブティを思い浮かべる人も多いでしょう。

ですが、妊娠中にハーブティを飲む際には注意が必要です。

ヨーロッパでは古くからハーブが医療の現場でも用いられきたように、ハーブはそれぞれ効能を持ちます。種類によっては妊婦さんが避けなければならないものがあるのです。

妊娠中も安心!おすすめハーブティー

・ルイボスティー

アンチエイジング効果があるとして人気のルイボスティ。

ノンカフェインなだけでなく、鉄分や亜鉛などのミネラルを含むので妊娠中にもおすすめです。また花粉症などのアレルギーを和らげる効果もあるとされています。

【関連記事】ルイボスティー妊娠中おすすめ3選!安全性で選んだ結果は?【完レポ】

 

・ローズヒップティ

赤い優しい色と酸味が特徴のローズヒップティ。

美肌や美白に良い栄養素がたくさん含まれているために美容に良いことで有名です。ビタミンCを多く含むので、美肌だけでなく風邪の予防にも効果的なのです。もちろんノンカフェインなので妊婦さんもOK。さらに鉄分やカルシウム、食物繊維なども含んでいます。

 

・ラズベリーリーフティ

安産のお茶として有名なお茶。ですがこちらに関してはやや注意が必要です。

子宮を収縮させる作用があるため、妊娠初期から妊娠中期は飲まないようにする必要があります。一方で妊娠後期に飲むことで陣痛を和らげたり分娩時間を短くするはたらきがあるとされています。味は紅茶のようなほうじ茶のようなくせのないとても飲みやすいお茶です。

妊娠中はNGのハーブティ

一方で妊娠中に避けたいのはカモミールセージです。

これらは子宮の収縮を促す作用があります。またセントジョーンズワートも子宮の筋肉を緊張させる作用があるので避けましょう。そのほか子宮を刺激するものとしてローズマリーやフェンネルも避けるべきハーブです。

 

比較的よく目にするこれらのハーブ以外にも妊娠中は避けるべきハーブは数種類あります。

特にデトックスを謳ったブレンドティの中には妊娠中に禁忌のハーブを含んでいる場合があります。購入前にパッケージや説明書をよく確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

妊婦さんにはこんな飲み物もおすすめ!

妊娠中 お茶

穀物由来のお茶やハーブティのほかにも妊娠中におすすめの飲み物はたくさんあります。

たんぽぽ茶

たんぽぽの根を乾燥させて焙煎したお茶でこちらもハーブティの一種ですが、特徴はその風味。

“たんぽぽコーヒー”として売られることもあるように、コーヒーに良くにた風味を持つのです。ですがコーヒーと違ってノンカフェインなので、コーヒー好きな妊婦さんは試してみてはいかがでしょうか。

デカフェのコーヒーや紅茶

デカフェとはカフェインを取り除く作用のことを意味します。

最近ではカフェインレスが健康に良いと注目されていることから、多くの大手コーヒーチェーンでデカフェのコーヒーや紅茶を取り扱うようになっています。メニューに見つけられなくても注文時に伝えると対応してくれることがあるので、店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。
 

またスーパーマーケットでもデカフェの紅茶やコーヒーが売っています。

完全にカフェインがゼロになっているわけではないものがほとんどですが、味は変わらないのにカフェイン量を抑えられるので妊娠中はうまく利用するのがいいでしょう。

【関連記事】妊婦がコーヒーを飲むのはダメ?妊娠中は1日何杯?控える理由とは?

白湯

沸騰したお湯を50度前後まで冷ました単なる「湯冷まし」なのですが、その地味さとは裏腹に妊娠中に嬉しい効果がたくさんあります。

体を温めて血の巡りを良くする効果があるので冷えを予防するだけでなく、食べ物の消化を助け体内の老廃物が排出されやすくなると言われているのです。

芸能人やモデルの間でも人気の飲み物である白湯は低コストで簡単に手に入るので妊娠中にもおすすめです。

まとめ


妊娠中の水分補給はとても大切です。

ノンカフェインのお茶や妊娠中にも飲めるハーブティなど、いろいろな種類を気分や体調に合わせてうまく摂り入れるのがいいでしょう。くれぐれも冷たいものを飲みすぎて体を冷やしてしまわないように注意しましょうね。

カテゴリー

ショッピング

最新記事

体験レビュー

監修ライター

遠藤幸子(えんどう さちこ)
・アンチエイジングアドバイザー
・スキンケアアドバイザー
・日本抗加齢医学会正会員

木咲 真弓(きさき まゆみ)
・整理収納アドバイザー2級
・アロマデザイナー資格

吉永さやか(よしながさやか)
・食育指導士
・ヘルスフードアドバイザー
・フードコーディネーター

岸田茉麻(きしだ まあさ)
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

荒木彩子(あらき あやこ)
・日本エステティック協会認定エステティシャン(ディプロマ取得経験あり)

泉麻依子(いずみ まいこ)
・日本化粧品検定2級
・色彩検定2級
・アスリートフードマイスター3級

春名 文(はるな あや)
・日本化粧品検定2級

江頭小百合(えがしら さゆり)
・歯科衛生士
・数秘術カラーセラピスト

仲有美(なか ゆみ)
・日本化粧品検定2級

綿谷麻友子(わたたに まゆこ)
・インテリアコーディネーター
・色彩検定1級
・イタリアロンバルディア州知事認定デザイナー

中井エリカ(なかい えりか)
・管理栄養士
・FP2級

宮﨑奈津季(みやざき なつき)
・管理栄養士
・薬膳コーディネーター

にかわ
・日本化粧品検定1級

山本さやか(やまもと さやか)
・日本化粧品検定一級
・コスメコンシェルジュ
・保育士