産後ダイエット|骨盤体操でお尻ば小さくできるんず?

mama01a
出産前に履いてたズボン、産後履いてみるとの「途中から履げねぇボタンが留められねぇ」ってことねぇべが?

赤ちゃんが生まれるまでゆっくり骨盤が開いていくんだばって、これが原因で産後はお尻の大きさが元に戻りにくいんず。なして戻らねのか、そして骨盤体操せばお尻は小さくなるのか紹介するよ。

今回の応援団員:ちょちゃんべ

スポンサードリンク

骨盤が開く原因ってなんだべ?

妊娠せば子宮がどんどん大きくなるはんで、子宮や内臓機能が圧迫されでまるんず。骨盤が閉じた状態だばスペースがなく、赤ちゃんが成長するときに狭くなってまるはんで、どうしても妊娠中はお尻が大きくなってまる。体内に余裕ば作るために、骨盤が左右に少しずつ開いていくんず。

産後はゆっくり骨盤が閉じる

出産までに開いた骨盤は、約6ヶ月の間に左右少しずつゆっくりと閉じていくんず。一気に戻るんでねぐ、ジワジワとだはんで骨盤が閉じるときにおこる恥骨痛ば感じでまるママも多いんず。

妊娠前と同じに閉じない?

開いだ骨盤はそのまま何も手ば付けねぐても、少しずつ閉じていくんだばって、完全に閉じるとまでいかねぇことが多い。骨盤が元の状態まで閉じない原因が「骨盤のゆがみ」なんず。

骨盤がゆがむ原因は、こんなクセをもつママが多くみられる!

・足を組む
・猫背
・カエル座り(ぺたんこ座り)
・横向きやうつぶせ寝
・片方の足に重心をおいて立つ

生活習慣のクセってなかなか治らねぇんず。産後の骨盤はゆっくり閉じていくんだばって、ゆがみがあれば妊娠前と同じには閉じねぇはんで気をつけねばまいねよ。

自分のクセは他人に聞くのが一番

自分自身でどんなクセがあるのか、正直わがらねぇってママも多いんでねべが?ちょちゃんべもある程度のクセはわかるけど、無意識にやってまるクセも多いんず。

たとえば「足組みしながら足をブラブラ揺らす」クセ。

足組んで空中に浮いた方ば、ブンブンって前後に揺らすクセがあるんだど。あまり気づかねがったんだばって、しょっちゅうやってらみたいで、言われて初めて気がついたんず。

クセって思った以上にしつこく、無意識に出てまるのは誰かさ指摘されねば気がつかねの。

スポンサードリンク

骨盤のゆがみがこのまま続けばどうなる?

骨盤が正常な位置さ戻らねば、妊娠前に履いていたズボンが入らねお尻も大きいまま。それから新陳代謝がどんどん悪くなって、ヒドければ産後うつになてってしまうこともあるんず。

産後の骨盤は自然と戻るはんで大丈夫~って、のんきに過ごしてられねんず!

骨盤のゆがみ解消のメリット

新陳代謝ばあげれば、ママにとっては本当にいいこと尽くしなの知ってら?

・太りにくい体質
・便秘解消
・むくみ防止
・冷え性改善
・腰痛から開放
・下半身太り解消
・美肌効果など

お尻が大きいままってのも、産後ママにとっては致命的。だばって骨盤のゆがみば解消すれば、大きなメリットだらけさなる!!

骨盤のゆがみば解消せばお尻は小さくなる?

努力せば小さくなる

産後の関節はやわらかいはんで、骨盤がゆがんだままでダラダラと過ごしてれば、いつまでたってもお尻は小さくならね。

生活習慣や日常の過ごし方さクセついでるママは、クセを治すことからはじめるべし!

骨盤体操と一緒にゆがみも効率よく解消せば、妊娠前みたいに小さな小尻ば戻すことだって出来るんず!産後、大きくなったお尻ば意識せば、妊娠前よりさらに小さなお尻ば作ることだってできるかもよ♪

産後すぐはとくに骨盤がゆがむ

妊娠せば“リラキシン”っていうホルモンが分泌されるんず。妊娠初期~臨月にかけて分泌量が増えて、骨盤の締りばゆるくするんず。

産後もしばらくホルモンは分泌されるはんで、妊娠前みたいに骨盤が正常の位置さ戻りづらいんず。したはんで座り方や立ち方で骨盤がゆがみやすくなるんず。

産後は骨盤もゆるいはんで、固まってしまうまえに骨盤矯正するのがポイントなんず!

スポンサードリンク

だからこそ骨盤体操でゆがみ解消すべし!

注意!産後1ヶ月間にやればまいね(ダメ)!

一刻も早ぐお尻ば小さくしてのはわがるばって、産後1ヶ月の間はママの体力ば集中して回復させる時期。したはんで骨盤体操は産後1ヶ月たって体調回復してから本格的に取り組むべし!

ただ産後1ヶ月以内でも、骨盤ベルトとかして矯正してげるのは病院の先生からもオススメされるんず。産後すぐ、骨盤ベルトで締め付けてくれる病院もあるはんで、骨盤ベルトの用意は妊娠前からしておいた方がいいよ!

腰回しで骨盤矯正

いつでも手軽にできる骨盤体操でおなじみの「腰回し」。美容体操を教えるshinoさんが考案したストレッチなんず。

やり方はとっても簡単♪スキマ時間だけでエクササイズができるんず!

【やり方】
1.肩幅に足を開き立つ
2.ヒザなどの関節に変な力を入れない
3.ヘソ中心で腰を回す
※上半身は動かさず、ヘソを軸にする

たった3ステップだけで骨盤矯正がでぎるんず。簡単だがらってムリに腰回し続ければ腰痛の原因さなってまるはんで注意!

簡単♪寝ながら骨盤エクササイズ

寝る前のちょっとした時間にできる骨盤ストレッチ。左右に骨盤ば動かすことで、少しずつ引き締めていくんず。

フラフープば使った骨盤矯正

フラフープば10分間つづければ、消費カロリーは「約100kcal」。思ったよりカロリー消費が高げぇんだばって、継続してやらねば意味がねんず。

【やり方】
1.出来れば重みのあるフラフープを選ぶ
2.腰を使ってフラフープば回す

やってみて感じるのが「子供のときみたいに長続きさねぇ」(笑)数回やればガタンッてフラフープが下さ落ちてまるんず。コツさえつかめば10分間ずっとグルグル回すことがでぎるよ!

座ったまま骨盤矯正

骨盤ベルトでしっかりケア


引用:トコちゃんベルトの青葉

骨盤ベルトで人気なのがトコちゃんベルト。育児雑誌でも紹介され知っているママも多いんでね?産院でも推奨するなど、骨盤をしっかり支えてくれるベルトなんず。

ゆがんだ骨盤ばしっかり矯正することで、妊娠前のズボンがスルッと履けると口コミでも話題。産後の骨盤ケアばしっかりするべし!

骨盤スクワットで引き締める

骨盤ば意識してスクワットすることで、ゆがみや開きば元の位置さ促してあげるんず。ほかにもインナーマッスルが鍛えられることで、基礎代謝がアップされ脂肪燃焼しやすい体質ば作ることもできるんず。

【やり方】
1.肩幅に足を開く
2.つま先は外側へ180°
3.背筋は最後まで伸ばした状態
4.ゆっくりお尻を下げる
5.時間をかけてお尻を元の位置に戻す

ポイントはヒザではなくお尻ば意識して上げ下げスクワットすること。お尻中心だはんで自然とお腹さも力が入るんず。いろんな筋肉が鍛えられるよ。

おさらい

・開いた骨盤は産後6ヶ月で戻る
・骨盤のゆがみは新陳代謝を悪くする
・ホルモン分泌が骨盤をゆるくする
・妊娠前よりも小尻も目指せる

妊娠初期からゆっくり開く骨盤は、産後しばらくかけてゆっくり閉じていくんず。ホルモンの分泌などによって「骨盤の開き+ゆがみ」ばつくってしまうんず。

骨盤のゆがみはストレッチとかで解消さねば、産後のお尻は大きいまま。体調が回復したら、骨盤のゆがみば解消するように毎日ケアするべし!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


スポンサードリンク



 

カテゴリー










スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ